本文へスキップ

訪問看護のご案内

ご自宅で療養されている方、医療機器をつけたまま退院された方、通院が困難な方などに対し、
かかりつけ医の指示のもと、看護師が療養のためのお世話や医療処置、医療機器の管理、病状の観察、ターミナルケア等を提供致します。

特色とサービス内容

病気や障害を持った方が、住み慣れた地域やご家庭で、安心してその方らしく暮らしていけるよう、主治医の指示のもと、生活の場へ訪問し、必要なサービスを提供いたします。

訪問看護の仕組み

訪問看護の仕組み


どんなことができるの?

  • 病状の観察

    病気や障害の状態、血圧・体温・脈拍などのチェックをし、異常の早期発見、対応をします。

  • 認知症のケア

    服薬やコミュニケーション、事故防止など、介護の相談、対応方法の助言などをします。

  • 医師の指示による医療処置・医療機器の管理

    点滴、カテーテル管理(胃瘻、膀胱留置カテーテル等)など、主治医の指示に基づく医療処置を行います。在宅酸素、人工呼吸器などの管理をします。

  • ご家族等への介護支援・相談

    家族への介護状況や健康状態に配慮し、生活全体を考えた介護指導、精神的な支援をおこないます。
    またケアマネージャーやサービス事業者、病院、行政等と連絡をとり、適切な医療・福祉制度をスムーズに利用できるように支援します。

  • 床ずれ予防・処置

    床ずれの予防の工夫や指導、床ずれの手当を行います。

  • 療養上のお世話

    身体の清拭、洗髪、足浴、入浴介助、食事や排泄などの介助・指導を行います。

  • 介護予防・リハビリテーション

    寝たきりの予防や、日常生活動作・呼吸・嚥下機能の回復などをめざしたリハビリを行います。

  • ターミナルケア

    がん末期や、人生の終末期を住み慣れた場で過ごせるよう、症状の緩和や心のケアに配慮し、看取りのお手伝いも行います。

訪問看護を利用するまでの流れ

介護保険の対象となる可能性を検討します。
※医療保険、介護保険どちらでサービスを受ける場合もかかりつけ医の指示書が必要になります。


訪問看護を利用するまでの流れ

  1. ホーム
  2. 訪問看護事業部
  3. 訪問看護のご案内